ビフィズス菌入りヨーグルトの製造

ビフィズス菌は酸や酸素に弱く、ヨーグルトや乳酸菌飲料などとして製品化することが困難でした。森永乳業では、ビフィズス菌を酸や酸素から守る独自の技術で日本で最初にビフィズス菌を乳製品に応用することに成功しました。

酸や酸素に強いビフィズス菌BB536 酸素を通しにくいバリア容器 ビフィズス菌を守る乳酸菌の活用

その後も菌数を高く保つための技術革新を進め、ラクトコッカス・ラクティス菌(Lactococcus lactis)との組み合わせ発酵により、製品中のビフィズス菌数と保存生残性を向上させることができました。この技術は現在のヨーグルト製品や乳酸菌飲料などに応用されています。

10℃で保存した時のビフィズス菌の生残性