腸内細菌とビフィズス菌に関する最近の学会発表

Bifidobacterium 属細菌を中心とした腸内細菌叢研究

学会名:
第36回日本食品微生物学会学術集会ランチョンセミナー
開催時期
2015年11月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

Changes of antimicrobial peptide alpha-defensin and microbiota during growth in young mice.

学会名:
3rd World Congress on Targeting Microbiota
開催時期
2015年10月
筆頭発表者名:
Takumi Satoh

加齢に伴う腸内細菌叢の変化―0歳から100歳以上まで-

学会名:
第7回「栄養とエイジング」国際会議(ILSI)
開催時期
2015年9月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

遺伝子型および表現型の評価から見えてきたヒト由来ビフィズス菌の優位性

学会名:
平成27年度酪農科学シンポジウム
開催時期
2015年9月
筆頭発表者名:
菅原宏佑

成長に伴うマウスの腸内細菌叢や抗菌ペプチドα-ディフェンシンの変化及びその関係

学会名:
日本乳酸菌学会2015年度大会
開催時期
2015年7月
筆頭発表者名:
佐藤拓海

Effect of ingestion of yogurt supplemented with Bifidobacterium longum BB536 on the gut microbiota disturbance caused by animal-based diet

学会名:
International Scientific Conference on Probiotics and Prebiotics (IPC2015)
開催時期
2015年6月
筆頭発表者名:
Kumiko Kato

肉食時の腸内細菌叢変化に対するBifidobacterium longum BB536含有ヨーグルト摂取の影響

学会名:
第19回腸内細菌学会
開催時期
2015年6月
筆頭発表者名:
加藤久美子

Cross-sectional study on the relationship between probiotic milk consumption and health status in older Japanese: relationship with sleeping status

学会名:
ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition(第69回 日本栄養・食糧学会大会)
開催時期
2015年5月
筆頭発表者名:
Naotake Yanagisawa

Cross-sectional study on the relationship between probiotic milk consumption and health status in older Japanese: body weight and morbidity

学会名:
ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition(第69回 日本栄養・食糧学会大会)
開催時期
2015年5月
筆頭発表者名:
Sanae Saitoh

Cross-sectional study on the relationship between probiotic milk consumption and health status in older Japanese: lifestyle and lifestyle-related disease

学会名:
ACN2015 12th Asian Congress of Nutrition(第69回 日本栄養・食糧学会大会)
開催時期
2015年5月
筆頭発表者名:
Taeko Shimoda

日本の男女中高年における、ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取と健康状態に関する横断研究 結果2 -乳酸菌飲料摂取と体重、排便状態、QOLおよび各種疾患経験との関係-

学会名:
日本農芸化学会2015年度大会
開催時期
2015年3月
筆頭発表者名:
南淳一

日本の男女中高年における、ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取と健康状態に関する横断研究 結果1 -調査対象者の生活習慣、健康意識、罹患経験率-

学会名:
日本農芸化学会2015年度大会
開催時期
2015年3月
筆頭発表者名:
柳澤尚武

オリゴ糖の組み合わせがビフィズス菌の増殖に与える影響の検討

学会名:
日本農芸化学会2015年度大会
開催時期
2015年3月
筆頭発表者名:
江原達弥

Oral administration of Bifidobacterium breve B-3 modifies prevents skin from photoaging

学会名:
Probiota 2015
開催時期
2015年2月
筆頭発表者名:
Satoshi Endo

Oral administration of Bifidobacterium breve B-3 modifies metabolic functions.

学会名:
Probiota 2015
開催時期
2015年2月
筆頭発表者名:
Jun-ichi Minami

ヒト常在ビフィズス菌と非常在ビフィズス菌の母乳に対する親和性の違いについて

学会名:
日本乳酸菌学会2014年度秋季セミナー・酢酸菌研究会
開催時期
2014年12月
筆頭発表者名:
橋倉那波

ビフィズス菌を中心とした腸内細菌叢解析

学会名:
JCHM第2回シンポジウム (Japanese Consortium for Human Microbiome)
開催時期
2014年11月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

加齢に伴う2タイプの腸内細菌叢変化

学会名:
平成26年度酪農科学シンポジウム
開催時期
2014年9月
筆頭発表者名:
高橋幸子

Comparative genomics of bifidobacterial species to evaluate the differences between human-residential and non-human-residential species

学会名:
11th International Symposium on Lactic Acid Bacteria (LAB11)
開催時期
2014年9月
筆頭発表者名:
Toshitaka Odamaki

Comparative phenotype of bifidobacterial species to evaluate the differences between human-residential and non-human-residential species

学会名:
11th International Symposium on Lactic Acid Bacteria (LAB11)
開催時期
2014年9月
筆頭発表者名:
Hirosuke Sugahara

オリゴ糖の組み合わせによるBifidobacterium breve増殖促進効果の検討

学会名:
平成26年度酪農科学シンポジウム
開催時期
2014年9月
筆頭発表者名:
江原達弥

Bifidobacterium longum BB536の腸内細菌叢を介した腸内代謝産物への影響

学会名:
第18回腸内細菌学会
開催時期
2014年6月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

ビフィズス菌の免疫調節作用とその作用機序に関する研究 (日本ビフィズス菌センター研究奨励賞)

学会名:
第18回腸内細菌学会
開催時期
2014年6月
筆頭発表者名:
岩淵紀介

年齢に伴う2タイプの腸内細菌叢変化

学会名:
第18回腸内細菌学会
開催時期
2014年6月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

Bifidobacterium for infants: Essence and Efficacy

学会名:
International Conference on Beneficial Microbes 2014 (ICOBM 2014)
開催時期
2014年5月
筆頭発表者名:
Jin-zhong Xiao

ヒト常在ビフィズス菌と非常在ビフィズス菌の母乳に対する親和性の違い

学会名:
2014年度日本乳酸菌学会泊まり込みセミナー
開催時期
2014年5月
筆頭発表者名:
南淳一

見えてきたプロバイオティックビフィズス菌と腸内細菌叢とのクロストーク

学会名:
第68回日本栄養・食糧学会大会
開催時期
2014年5月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

Novel techniques enable improved growth and survival of bifidobacteria in fermented milk by co-cultivation with Lactococcus lactis

学会名:
5th IDF Symposium on Science and Technology of Fermented Milk
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
Sumiko. Yonezawa

Difference of compatibility of bifidobacteria species with breast milk

学会名:
2nd International Symposium of Probiotics Prebiotics in Pediatrics (IS3P 2014)
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
Jun-ichi Minami

ヒト常在ビフィズス菌と非常在ビフィズス菌の母乳に対する親和性の違いについて

学会名:
日本農芸化学会2014年度大会
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
南淳一

ヒト常在ビフィズス菌または非常在ビフィズス菌による無菌マウスに対する影響

学会名:
日本農芸化学会2014年度大会
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

比較ゲノム解析から推測されるヒト常在ビフィズス菌(HRB, Human-Residential Bifidobacteria)の生存戦略

学会名:
日本農芸化学会2014年度大会
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

ブタ腸管上皮細胞におけるビフィズス菌のToll 様受容体を介する抗炎症機構

学会名:
日本畜産学会第118回大会
開催時期
2014年3月
筆頭発表者名:
友定洋介

ロタウイルスのウシ腸管上皮細胞感染系によるイムノバイオティック評価系への応用

学会名:
日本食品免疫学会2014年度大会(JAFI2014)
開催時期
2014年1月
筆頭発表者名:
小林永和

下部消化管開腹手術症例への手術前後のビフィズス菌摂取による手術後の手術部位感染(SSI)、栄養状態、炎症反応と腸内菌叢に及ぼす影響

学会名:
日本食品免疫学会2014年度大会(JAFI2014)
開催時期
2014年1月
筆頭発表者名:
清水金忠

ビフィズス菌B-3株の抗メタボリックシンドローム作用の検証

学会名:
日本食品免疫学会第8回宿泊セミナー
開催時期
2013年11月
筆頭発表者名:
南淳一

Primary prevention of allergic diseases in infants by administration of bifidobacteria to prenatal mothers and infants and effects on fecal microbiota

学会名:
The Third International Symposium on Probiotics and Prebiotics
開催時期
2013年9月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

ヒト腸内菌叢定着マウスの腸内環境に対するBifidobacterium longum BB536の影響

学会名:
NGS現場の会
開催時期
2013年9月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

プロバイオティクス研究における次世代シーケンサーの活用例

学会名:
NGS現場の会
開催時期
2013年9月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

Effect of Bifidobacterium longum BB536 on gut environmental condition of mice with human flora

学会名:
The Third International Symposium on Probiotics and Prebiotics
開催時期
2013年9月
筆頭発表者名:
Hirosuke.Sugahara

ビフィズス菌の潰瘍性大腸炎(UC)原因菌に対する腸管排除能解析

学会名:
平成25年度酪農科学シンポジウム
開催時期
2013年9月
筆頭発表者名:
大川原崇

比較ゲノム解析から見たヒト腸管に棲息するビフィズス菌の特徴

学会名:
日本乳酸菌学会2013年度大会
開催時期
2013年7月
筆頭発表者名:
堀米綾子

Bifidobacterium breve B-3株摂取による抗メタボ作用に関する研究

学会名:
日本乳酸菌学会2013年度大会
開催時期
2013年7月
筆頭発表者名:
南淳一

乳幼児におけるビフィズス菌Bifidobacterium breve M-16V投与の効果

学会名:
第13回新生児栄養フォーラム
開催時期
2013年6月
筆頭発表者名:
佐藤洋平

Effect of Bifidobacterium breve M-16V on necrotizing enterocolitis in neonate rat model.

学会名:
INTERNATIONAL SCIENTIFIC CONFERENCE PROBIOTICS AND PREBIOTICS 2013
開催時期
2013年6月
筆頭発表者名:
Takumi Satoh

乳仔ラット壊死性腸炎モデルにおける Bifidobacterium breve M-16V の影響

学会名:
第17回腸内細菌学会
開催時期
2013年6月
筆頭発表者名:
佐藤拓海

ビフィズス菌B-3 株による抗メタボリックシンドローム効果

学会名:
第67回日本栄養・食糧学会大会
開催時期
2013年5月
筆頭発表者名:
近藤しずき

Primary prevention of allergic diseases in infants by administration of bifidobacteria to prenatal mothers and infants and effects on fecal microbiota

学会名:
46th ESPGHAN(European Society of Paediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition. 第46回ヨーロッパ・小児栄養消化器肝臓学会)
開催時期
2013年5月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

腸内細菌叢を介したBifidobacterium longum BB536の生理作用

学会名:
2013年度 日本乳酸菌学会 泊まり込みセミナー
開催時期
2013年5月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

乳児ラット壊死性腸炎モデルにおけるヒトミルクオリゴ糖Lacto-N-bioseの影響

学会名:
日本農芸化学会2013年度大会
開催時期
2013年3月
筆頭発表者名:
清水金忠

妊婦・乳幼児におけるビフィズス菌投与によるアレルギー発症予防効果--和歌山県での試験結果--

学会名:
日本農芸化学会2013年度大会
開催時期
2013年3月
筆頭発表者名:
肖金忠

光老化マウスの皮膚におけるBifidobacterium breve B-3株の保護効果

学会名:
日本農芸化学会2013年度大会
開催時期
2013年3月
筆頭発表者名:
佐藤拓海

ヒト腸内細菌叢定着マウスを用いたBifidobacterium longum BB536による整理作用の解析

学会名:
日本農芸化学会2013年度大会
開催時期
2013年3月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

経腸栄養患者および健常高齢者における腸内のビフィズス菌種構成

学会名:
第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会
開催時期
2013年2月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

ビフィズス菌BB536の長期投与が経腸栄養高齢患者の便性状および腸内菌叢に及ぼす影響

学会名:
第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会
開催時期
2013年2月
筆頭発表者名:
近藤順子

企業におけるアレルギー対策の取り組み : ビフィズス菌によるアレルギー予防の可能性

学会名:
第33回麻布環境科学研究会 市民公開講座3
開催時期
2013年1月
筆頭発表者名:
清水金忠

Clinical effects of probiotic Bifidobacterium longum BB536 on immune function and intestinal microbiota in elderly patients receiving enteral tube feeding

学会名:
IDF World Dairy Summit 2013
開催時期
2013年1月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

Primary prevention of allergic diseases in infants by administration of bifidobacteria to prenatal mothers and infants

学会名:
IDF World Dairy Summit 2013
開催時期
2013年1月
筆頭発表者名:
Jin-zhong Xiao

Pan-genomic analysis of bifidobacterial species for evaluating the difference between human-resident and non-human-resident species

学会名:
IDF World Dairy Summit 2013
開催時期
2013年1月
筆頭発表者名:
Toshitaka Odamaki

Primary prevention of allergic diseases in infants by administration of bifidobacteria to prenatal mothers and infants and effects on fecal microbiota

学会名:
Probiotics 2012
開催時期
2012年11月
筆頭発表者名:
Toshitaka Odamaki

Lactococcus lactis菌株との共培養による高生残性ビフィズス菌入りヨーグルト製造技術の開発

学会名:
2012年度日本乳酸菌学会秋期セミナー 乳酸菌・腸内細菌の培養工学と新たな機能性-分離・培養技術からシングルセル・ゲノミクスまで-
開催時期
2012年11月
筆頭発表者名:
清水金忠

ヒト腸内細菌叢の解析に適したTerminal Restriction Fragment Profiles (T-RFLP)法の検討

学会名:
第16回腸内細菌学会
開催時期
2012年6月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

整腸作用を介したビフィズス菌の生理作用 (奨励賞受賞講演)

学会名:
第16回腸内細菌学会
開催時期
2012年6月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

ビフィズス菌B-3の抗メタボリックシンドローム作用

学会名:
東京大学「機能性食品ゲノミクス」(ILSI Japan寄附講座)Ⅱ期研究成果シンポジウム”食と健康”をめざす統合食品科学のニューフロンティア」
開催時期
2012年6月
筆頭発表者名:
近藤しずき

乳酸菌・ビフィズス菌の安全性評価方法

学会名:
2012年度日本乳酸菌学会第1回泊まり込みセミナー
開催時期
2012年5月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

人工乳栄養児由来糞便培養を用いたヒトミルクオリゴ糖Lacto-N-bioseのプレバイオティック特性の評価

学会名:
日本農芸化学会2012年度大会
開催時期
2012年3月
筆頭発表者名:
佐藤拓海

高齢者における腸内ビフィズス菌種構成

学会名:
第16回腸内細菌学会
開催時期
2012年6月
筆頭発表者名:
高橋幸子

妊婦・乳幼児における2種類のビフィズス菌投与によるアレルギー発症予防効果

学会名:
第12回新生児栄養フォーラム
開催時期
2012年6月
筆頭発表者名:
近藤しずき

和歌山県における乳幼児の各種アレルギー疾患に関する疫学調査 -有病率と背景因子との関連-

学会名:
第24回日本アレルギー学会春季臨床大会
開催時期
2012年5月
筆頭発表者名:
榎本雅夫

妊婦・乳幼児におけるビフィズス菌投与によるアレルギー発症予防効果

学会名:
第24回日本アレルギー学会春季臨床大会
開催時期
2012年5月
筆頭発表者名:
清水(肖)金忠

ビフィズス菌含有乳酸菌飲料摂取による成人女性に対する肌状態改善作用および整腸作用

学会名:
日本農芸化学会2012年度大会
開催時期
2012年3月
筆頭発表者名:
米澤寿美子

経腸栄養患者へのビフィズス菌長期投与による腸内細菌叢への影響

学会名:
第27回日本静脈経腸栄養学会
開催時期
2012年2月
筆頭発表者名:
赤津裕康

プロバイオティクビフィズス菌の摂取による高齢患者の便中細菌叢および便通性に対する影響の検討

学会名:
第15回日本病態栄養学会年次学術集会
開催時期
2012年1月
筆頭発表者名:
近藤順子

Function of a novel Bifidobacterium breve strain against metabolic syndrome in mice fed a high-fat diet

学会名:
The 6th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria (ACLAB6)
開催時期
2011年9月
筆頭発表者名:
Jin-Zhong Xiao

Immunomodulating and protective effects of probiotic strain Bifidobacterium longum BB536 against influenza virus infection

学会名:
The 6th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria (ACLAB6)
開催時期
2011年9月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

Effects of a novel Bifidobacterium breve strain against metabolic syndrome in mice

学会名:
10th Symposium on Lactic Acid Bacteria
開催時期
2011年9月
筆頭発表者名:
Jin-zhong Xiao

ビフィズス菌によるマウス動脈硬化症発症抑制効果

学会名:
日本乳酸菌学会2011年度大会
開催時期
2011年7月
筆頭発表者名:
茶山和敏

ビフィズス菌含有ヨーグルト摂取による腸疾患リスク菌Enterotoxigenic Bacteroides fragilis (ETBF) 保菌者への除菌作用

学会名:
日本乳酸菌学会2011年度大会
開催時期
2011年7月
筆頭発表者名:
菅原宏祐

Bifidobacterium longum BB536含有ヨーグルト摂取によるEnterotoxigenic Bacteroides fragilis (ETBF) 保菌者への作用

学会名:
日本農芸化学会2011年度大会
開催時期
2011年3月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

プロバイオティクスの経腸栄養患者への応用~ビフィズス菌長期投与による生体防御改善

学会名:
第26回日本静脈経腸栄養学会
開催時期
2011年2月
筆頭発表者名:
赤津裕康

プロバイオティクビフィズス菌の長期摂取による高齢患者の便通正常および生体防御に対する影響の検討

学会名:
第14回日本病態栄養学会年次学術集会
開催時期
2011年1月
筆頭発表者名:
阿部亜希恵

Protective effects of probiotic strain Bifidobacterium longum BB536 against infection

学会名:
International Symposium On Probiotics And Prebiotics
開催時期
2010年8月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

Bifidobacterium longum BB536のマウス経口投与によるインフルエンザウイルス感染予防効果

学会名:
平成22年度日本酪農科学シンポジウム
開催時期
2010年8月
筆頭発表者名:
岩淵紀介

混合発酵における Lactococcus lactis のビフィズス菌増殖促進作用の機序解析

学会名:
日本乳酸菌学会2009年大会
開催時期
2009年7月
筆頭発表者名:
米澤寿美子

Bifidobacterium longum BB536の鼻腔内投与がインフルエンザ感染モデルマウスに及ぼす影響

学会名:
日本食品免疫学会設立5周年記念学術大会
開催時期
2009年5月
筆頭発表者名:
岩淵紀介

ビフィズス菌によるTh17抑制効果

学会名:
第63回日本栄養・食糧学会大会
開催時期
2009年5月
筆頭発表者名:
石川裕也(広島大生物生産)

Lactococcus lactisによるビフィズス菌の発酵乳中における保存生残性改善作用

学会名:
日本農芸化学会2009年度大会
開催時期
2009年3月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

A probiotic strain of Bifidobacterium longum suppresses production of Th2-attracting chemokines induced with T cell-antigen-presenting cell interactions

学会名:
9th Symposium on Lactic Acid Bacteria
開催時期
2008年9月
筆頭発表者名:
Noriyuki Iwabuchi

Improved growth and survival of bifidobacteria by co-culture with Lactococcus lactis

学会名:
9th Symposium on Lactic Acid Bacteria
開催時期
2008年9月
筆頭発表者名:
Jin-zhong Xiao

Lactococcus lactis との混合発酵によるビフィズス菌の増殖促進並びに生残性改善作用およびその機序解析

学会名:
日本乳酸菌学会2008年度大会
開催時期
2008年7月
筆頭発表者名:
米澤寿美子

スギ花粉症患者におけるBacteroides fragilis groupの菌種レベルでの解析

学会名:
第12回腸内細菌学会
開催時期
2008年6月
筆頭発表者名:
小田巻俊孝

Effects and the mechanisms of probiotics in the treatment of Japanese cedar pollinosis

学会名:
日本食品免疫学会第4回学術大会
開催時期
2008年5月
筆頭発表者名:
Jin-zhong Xiao

抗原提示細胞から産生されるTh2ケモカインに対するBifidobacterium longum BB536の抑制効果

学会名:
日本食品免疫学会第4回学術大会
開催時期
2008年5月
筆頭発表者名:
岩淵紀介

Distribution and function of different species of the Bacteroides fragilis group in individuals with Japanese cedar pollinosis

学会名:
TNO Beneficial Microbes Conference
開催時期
2008年5月
筆頭発表者名:
Toshitaka Odamaki

抗原提示細胞のTARC産生機序およびこれに対するBifidobacterium longum BB536の抑制作用

学会名:
日本農芸化学会2008年度大会
開催時期
2008年3月
筆頭発表者名:
岩淵紀介

ビフィズス菌Bifidobacterium breve M-16V株のマウスにおけるIgE抑制効果

学会名:
日本農芸化学会2008年度大会
開催時期
2008年3月
筆頭発表者名:
井上祐美

プロバイオティクスによる花粉症症状の緩和作用およびその作用機序の解析

学会名:
第26回耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
開催時期
2008年2月
筆頭発表者名:
清水金忠

Suppression of allergy development by habitual intake of fermented milk foods, evidence from an epidemiological study

学会名:
The 4th Asian Conference on Lactic Acid Bacteria
開催時期
2007年10月
筆頭発表者名:
Shizuki Kondo