潰瘍性大腸炎の緩和作用

軽症から中等症の潰瘍性大腸炎患者14名に、治療薬とともにビフィズス菌BB536を1日2000~3000億、24週間摂取してもらったところ、14名中12名で症状のスコアが低下し、10名は緩解(かんかい)にいたりました。

※緩解:症状が軽減または消失すること。治癒とは異なり、完全に治癒しない病気などで用いられる言葉

BB536投与によるCAIスコアの変化(病変部位別) 潰瘍性大腸炎の症状が緩和
潰瘍性大腸炎とは?